抗体ダイレクトクローニング法

抗体ダイレクトクローニング法は、抗体遺伝子ライブラリーを構築し、大腸菌に導入後、コロニー形成・抗体発現・抗原抗体反応を同時に行うことで、目的抗体を生産するクローンの同定とクローニングを直接行います。この方法により短時間に多くのクローンを同時に評価できるため、多数の陽性クローンを得られることから、高親和性のモノクローナル組換え抗体が取得可能になりました。

特徴

・免疫動物種の選択

  ウサギ・マウス・ラット・ニワトリから、免疫を行う動物の選択が可能です。

 

・抗体ダイレクトクローニング技術によるスクリーニング

 バイオピーク独自技術(抗体ダイレクトクローニング法)を用いて、免疫動物のリンパ組織から、抗体遺伝子を抽出し、抗体ダイレクトクローニング専用の発現ベクターに組込み、抗体遺伝子ライブラリーを作製します。抗体遺伝子ライブラリーで大腸菌を形質転換し、コロニー形成させると同時に、抗体の発現が誘導され、次いで分泌された抗体を抗原コートメンブレンに捕捉・検出することで陽性クローンを決定します。

 

・多数のクローンを同時に評価

各クローンはプレート上にコロニーを形成させるため、ハイブリドーマ法に比べて多くの陽性クローンを得ることが可能です。(例:10cm プレート上に 2000-3000コロニー)

 

・クローン樹立後発現の簡便性

選択した陽性クローンは短時間で抗体を再発現することが可能です。そのため、多種類・多数の評価項目を簡単に短時間で評価することが可能です。

 

scFv(single chain Fv)

  得られたクローンが産生する抗体は一本鎖抗体(scFv)のため、クローンを樹立した後、 

 FabIgGに構造を改変することが可能です。また、検出酵素や、ヒトのIgG定常領域を融合

 することで、様々なアプリケーションに用いることが可能です。

利点

・高親和性のモノクローナル抗体を作成可能。

 

・短期間でモノクローナル抗体を樹立できる。

 

・ウサギのモノクローナル抗体を取得可能。

 

・リコンビナント抗体の大量生産が可能。

 

・抗体は分泌発現するため簡便に精製可能。

 

概要

 抗体ダイレクトクローニング法は寒天培地上にコロニーを形成させるため、ハイブリドーマ法に比べて、多くのクローンを一度にスクリーニングすることが可能です。そのため、目的の抗体を産生する陽性クローンも多く取得することが出来ます。また、ファージディスプレイ法で用いられるパニング法によるスクリーニングとは異なり、クローン個々の発現する抗体を直接検出し、陽性クローンを同定するため、偽陽性が殆ど無いのが特徴です。ウサギ・マウス・ラット・ニワトリ等の様々な動物種のモノクローナル組換え抗体を作成することが出来ます。特にウサギへの免疫と、抗体ダイレクトクローニング法を組み合わせることで、高親和性のモノクローナル抗体を多数得ることが可能になりました。

ハイブリドーマ法との比較

Hybodyとは?

Hybodyはバイオピークで開発した抗体と様々な機能を併せ持つハイブリッド組換え抗体です。組換え抗体に発光・発色・蛍光・シグナル配列等、多様な機能を付け加えることで抗体の発現・安定性・利便性・ロット間差等を向上させ、研究、検査における強力なツールとして活用することが可能になります。

Hybodyの特徴

同一ロットの抗体を安定的に大量供給可能

・小型化による安定性・可溶性向上、バックグラウンド低減

・抗体の認識機能に加えて、別の生理機能を併せ持つ高機能タンパク質の作製

・検出酵素一体型組換え抗体の創出(発色、ビオチン、蛍光、発光機能を持った抗体)

 

 

 

バイオピークでの出来事を中心に更新中です。